2019年04月21日

「よみがえりの朝」

ルカ24:1〜12 島津吉成師
1.途方にくれる
マグダラのマリヤをはじめとする女性たちが、夜明け前に、香料を携えて、イエスさまが葬られた墓に行きました。イエスさまのおからだに香料を塗って、丁寧に埋葬したいと思ったのです。ところが、墓をふさいでいた石がころがしてあり、中に入ってみると、イエスさまのおからだが見当たりませんでした。彼女たちは、途方にくれてしまいました。敬愛するイエスさまが十字架につけられて殺されてしまったのです。彼女たちの悲しみはどんなに深かったことでしょう。その上、今度はイエスさまのおからだがなくなってしまったのです。彼女たちは、途方にくれてしまいました。
2.よみがえられたのだ
すると、御使いが現れて、彼女たちに言いました。「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。まだガリラヤにおられたとき、あなたがたにお話しになったことを思い出しなさい。すなわち、人の子は必ず罪人らの手に渡され、十字架につけられ、そして三日目によみがえる、と仰せられたではないか」。
 イエスさまは、死を打ち破って、よみがえられたのです。私たちの人生が死で終わるとするならば、それは「途方にくれる」しかありません。人間の力では、どうすることもできないからです。しかしイエスさまは、人間にはどうすることもできない死を打ち破って、よみがえられました。そして、このイエスさまのよみがえりのいのちを私たちにも与えてくださるのです。ですから、死はすべての終わりではなくなりました。天国への入口となったのです。それだけでなく、イエスさまは、よみがえりのいのちを日々、私たちに注いでくださいます。ですから私たちは、「途方にくれる」ような状況にも打ち勝って歩むことができるのです。
3.思い出す
 使徒たちは、彼女たちから、イエスさまがよみがえられたという話を聞いても、それが愚かな話のように思われて、信じませんでした。でも、この女性たちは、御使いから「イエスさまが『必ずよみがえる』と言っておられたことを思い出しなさい」と言われて、そのことを思い出したのです。イエスさまが言われたことを「思い起こす」、これが復活信仰に生きる鍵です。イエスさまはよみがえられました。そして、今朝も、私たちと共にいてくださいます。
posted by グロリアスチャペル at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月14日

「十字架のイエスさま」

ヨハネ19:23〜30 島津吉成師
イエスさまは十字架の上で、7つの言葉を話されました。そのうちの3つが、ここに記されています。
1.「これはあなたの子、これはあなたの母」
イエスさまは、イエスさまの十字架のそばにいた母マリヤとイエスさまの弟子のヨハネに言われました。「婦人よ、ごらんなさい。これはあなたの子です」。「ごらんなさい。これはあなたの母です」。イエスさまは、遺していく母マリヤのことを気遣い、弟子のヨハネにマリヤのことを託したのです。ここに、最後の最後まで母マリヤのことを愛しておられるイエスさまの姿を見ることができます。
この言葉には、もう一つの意味があると解釈されてきました。それは、「子」とは「私たち」のこと。「母」とは、「母なる教会」を表しているという解釈です。教会は、母のような存在です。神の子は、教会の交わりの中で養われ、育てられていくのです。イエスさまは、「あなたはわたしの愛する子だ。ここに、あなたの母なる教会がある」と言って、教会を与えてくださったのです。また、母なる教会の一員である私たちに、「ここに、あなたの子がいる」と言って、新しいメンバーを加えてくださるのです。
2.「わたしは、かわく」
神の子であるイエスさまは、人となり、私たちと同じ肉体をお持ちくださいました。そのイエスさまが十字架にかかり、「わたしは、かわく」と言われるほどに苦しんでくださったのです。こうしてイエスさまは、イエスさまご自身が苦しみの中を通られることによって、苦しむ者の苦しみを思いやり、本当の意味で苦しむ者を助けることのできる救い主となってくださったのです。(へブル2:18)
3.「すべてが終わった」
イエスさまは、「すべてが終わった」と言われて、息をひきとられました。別の翻訳の聖書では、ここを「完了した」「成し遂げられた」と訳されています。イエスさまは、すべての人の罪を代わりに負って死んでくださることによって、すべての人が救われる救いの御業を「成し遂げることができた」「完了した」と言われたのです。ですから、この言葉は敗北の言葉ではなく、勝利の宣言です。こうして、イエスさまは私たちが救われるためのすべてのことを成し遂げ、完了してくださったのです。
私たちは、このイエスさまを私の救い主と信じるとき、すべての罪が赦され、救われるのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月07日

「心からのささげもの」

ヨハネ12:1〜11 島津吉成師

今年のイースターは4月21日になりますので、来週14日から受難週に入ります。そこで、今朝からイースターまでの間、創世記から離れて、福音書からイエスさまの十字架から復活へと至る道をたどります。今朝は、ベタニヤのマリヤがイエスさまに香油を注いだ出来事を通して、イエスさまが喜んでくださるささげものについて学びます。
1.感謝のささげもの
ベタニヤという村に、マルタとマリヤ、そしてラザロという3人の兄弟姉妹がいました。イエスさまは、彼らととても親しい交わりを持っていたようです。ところが、ラザロが病気で死んでしまったのです。ラザロが死んで4日目に、イエスさまが来られました。ラザロはすでに墓に葬られていましたが、イエスさまはラザロをよみがえらせてくださいました。マルタとマリヤの喜びは、どんなに大きかったことでしょう。彼女たちは、イエスさまを招いて、感謝会をしました。そのとき、マリヤが「高価で純粋なナルドの香油1斤を持ってきて、イエスの足にぬり、自分の髪の毛でそれをふいた」のです。すると、香油の香りが家いっぱいに広がりました。マリヤは、イエスさまに対する心からの感謝を、このようにして表したのです。
2.高価で純粋なささげもの
この香油は、300デナリの価値があると言われています。1デナリが1日の賃金と言われていますので、およそ1年分の給料に値する高価なささげものでした。それは、彼女にとって精一杯のささげものでした。
また、これは純粋な香油でした。ここに、彼女の心が表されているように思います。気を付けないと、私たちがささげる奉仕の中に、「ほめられたい」というような打算が入り込んでしまうことがあります。でも彼女は、イエスさまに対する、純粋な、混じりけのない、感謝と愛の心をささげたのです。
3.イエスさまの葬りの備えとなったささげもの
彼女がイエスさまに香油を注いだことを、イエスさまは「わたしの葬りの日のために」してくれたのだ、と言って喜ばれました。死者を葬るときに、香油を塗るのが当時の習慣でした。イエスさまは、まもなく十字架につけられ、殺され、墓に葬られます。マリヤは、その準備をしてくれたのだ、と言われたのです。マリヤは、そのようなことは全く考えていなかったと思います。しかし、マリヤのささげものは、イエスさまの葬りの備えのために、ピッタリのタイミングで用いられたのです。私たちがさせていただく奉仕の業を、主は私たちの思いを超えて豊かに用いてくださるのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月31日

「とりなしの祈り」

創世記18:16〜33 島津吉成師

1.わが友アブラハム
@創世記18章で、御使いがアブラハムを訪れた目的の一つは、「来年の春、子どもが与えられる」ということを伝えるためでした。そして、もう一つのことは、ソドム、ゴモラの町に滅びが迫っているということを伝えるということでした。
A主は、「わたしのしようとする事をアブラハムに隠してよいであろうか」と言われました。イザヤ41章8節では、神さまはアブラハムのことを「わが友アブラハム」と言っておられます。心の深い思いを打ち明けることができるのが、真の友です。ソドムには、アブラハムの甥のロトがいました。主はアブラハムに、ロトとソドムの町に危機が迫っていることを伝えたのです。イエスさまは、弟子たち(私たち)のことを、僕とは呼ばず、友と呼んでくださいました(ヨハネ15:15)。主は、私たちにも、ひとりも滅びることを望まないという、御心を示してくださっています(Uペテロ3:9)。
2.アブラハムのとりなしの祈り
アブラハムは、ロトとソドムの町のために祈りました。
彼の祈りは、神さまに食い下がる祈りでした。「50人の正しい人がいても、その町を滅ぼされるのですか」と問い、主が「50人いたら、滅ぼさない」とのお答えを聞くと、45人いたら、40人いたら、30人いたら、20人いたら、最後には、10人いたら、というところまで食い下がります。何とかしてロトたちを救いたいという一心で、神さまに食い下がるのです。このように祈ることでアブラハムは、神さまも、人が滅びるのを望んでおられないというみ旨を知るのです。
3.とりなしの祈り手へ
@残念ながら、ソドムの町には、10人の正しい人も、いませんでした。私たちは、社会が悪いと言ったりします。でも、まず大事なことは、私が主の前に、主に喜ばれる存在になっているか、ということです。ここから始まるとき、主は私たちの周りの人々にも恵みを与えてくださるのです。
A私たちは、自分の力で正しい者となることはできません。イエスさまが私たちの罪のために十字架にかかり、とりなしの祈りをささげてくださったので、神さまに受け入れていただける者とされたのです。
Bこの恵みにあずかった私たちは、今度は、アブラハムのように祈る使命が与えられているのです。人々の救いのために、心を合わせて祈りましょう。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

「主にとって不可能なことはない」

創世記18:1〜15 島津吉成師
1.アブラハムのもてなし
@アブラハムは、その人たちが神の御使いだと知らずに、旅人をもてなしました。当時、旅は危険が伴うものだったため、旅人を泊まらせ、食事を提供するのが習慣だったそうです。イエスさまも、「あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」(マタイ25:40)と言われ、互いに助け合うことの大切さを教えてくださいました。
A神さまは、私たちのところにも訪れてくださいます。普段の生活の中でも訪れてくださいますが、礼拝の場こそ、神さまが私たちを訪れてくださるときです。アブラハムは、「わが主よ、もしわたしがあなたの前に恵みを得ているなら、どうぞしもべを通り過ごさないでください」と言って、旅人を引き留めました。そして、最高のもてなしをしましました。私たちの礼拝に臨む姿勢は、どうでしょうか。「私を通り過ぎないでください」と言って、主に聞こうとする熱心さがあるでしょうか。自分にできる最高のものを主におささげしようという、主への愛があるでしょうか。アブラハムの姿に、礼拝に臨む姿勢を学びたいと思います。
2.不可能なことがあろうか
@主の使いは、「来年の春、サラには男の子が生まれている」と告げました。これは人間の常識を超えた、神さまからの約束の言葉でした。私たちが礼拝の場で聞く言葉も、人の思いを超えた神さまの言葉です。私たちが神さまに奉仕をする以上に、神さまが私たちのことをもてなしてくださるのです。
Aところが、それを聞いたサラは、笑ってしまいました。自分の現状を見るとき、それはとても信じられないことだったからです。すると、主は言われました。「主にとって不可能なことがありましょうか」。私たちもサラのように、主の語りかけを聞いても、現状だけを見て、み言葉を信じられず、心の中で笑ってしまうことがないでしょうか。そのような私たちにも、主は言われます。「主にとって不可能なことがあろうか」。
Bサラは恐ろしくなって、「わたしは笑いません」と答えました。それに対して主は、「いや、あなたは笑いました」と念を押されます。「わたしは不信仰でした。み言葉を信じられず、笑ってしまいました」と正直に答えられたら良かったのですが、それでも、ここで、サラが「恐れた」ということは大事なことでした。神を恐れる、そこから、自分の常識に固執するのではなく、全能の神を信頼する歩みが始まります。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月17日

「新しい人」

創世記17:9〜27 島津吉成師
1.割礼
神さまはアブラハムに、「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ」と言われ、さらに「あなたに多くの子孫を与える。わたしは彼らの神となる」と約束してくださいました。そしてアブラハムに、この神さまの約束に応答するしるしとして、アブラハムとその一族は、割礼を受けるように命じられました。割礼は、男性の生殖器の先端の包皮を切り取るという儀式です。「こうしてわたしの契約はあなたがたの身にあって永遠の契約となるであろう」(13)と、神さまは言われました。割礼を受けることによって、「神さまの民とされた」ということを身に刻むのです。ですから割礼は、ただ心の中で神さまを信じていきます、ということではなく、「すでに神さまのものとされている」ということを確かなこととして歩んでいくことができるようにという、神さまの配慮だったのです。
2.神さまの恵み
@アブラハムの妻サライも、神さまから新しいサラという名前をいただきました。サラとは、「女王」という意味です。「わたしは彼女を祝福し、彼女を国々の民の母としよう」(16)と、神さまは約束してくださいました。
Aアブラハムは、神さまがサラを通して子どもを与えてくださると言われるのを聞いて、笑ってしまいました。それは、そのようなことは信じられないという不信仰の笑いでした。アブラハムの信仰は、ここでもまたぐらついてしまったのです。神さまは、そのアブラハムに、「産まれてくる子どもをイサクと名づけるように」と言われました。イサクとは「笑い」という意味です。神さまは、「本当に、喜びに溢れて笑う者となる」と言われたのです。
B神さまは、イシマエルのことも祝福してくださると約束してくださいました。イシマエルは、アブラハムが不信仰になってしまった結果、与えられた子どもです。しかし神さまは、そのイシマエルのことも祝福してくださると約束してくださったのです。
3.新しい人へ
 アブラハムは、神さまから言われたその日のうちに、割礼を受けることを実行しました。実行することの大切さを学びます。
神さまは私たちに、割礼に代わって洗礼の恵みを与えてくださいました。洗礼を受けることによって、古い私は死に、神の子としての新しい私が誕生します。キリストのからだである教会に属する者となり、神さまの祝福の基として、その使命を果たしていく者としてくださるのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月10日

「全能の神」

創世記17:1〜8 島津吉成師
1.全能の神
アブラハムは神さまの約束を待つことができず、サラの女奴隷ハガルによって子どもを得ようとしました。ハガルがイシマエルを産んだとき、アブラハムは86歳でした。
それから13年後、アブラハムが99歳になったとき、神さまは彼に現れてくださいました。アブラハムにとって、この13年間は何を意味していたでしょうか。それは、自分の不信仰を悔い改めるとき、そして自分の無力さを受け止めるときだったのではないでしょうか。その彼に、神さまは言われました。「わたしは全能の神である」。全能の神とは、神さまには、おできにならないことは一つもない、ということです。自分の無力さを痛感していたアブラハムに、神さまは「わたしは全能の神だ。わたしにできないことは、一つもないのだ」と言われたのです。
2.全き者であれ
さらに神さまは、アブラハムに言われました。「あなたはわたしの前に歩み、全き者であれ」。「全き者」とは、道徳的に完全な者という意味ではありません。「全能なるわたしを信じ切れ」、と言われたのです。アブラハムは、「ひれ伏した」と書かれています。「神さま、わかりました!」と答えたのです。
ローマ4章には、アブラハムの信仰についてこう書かれています。「彼は、神の約束を不信仰のゆえに疑うようなことはせず、…神はその約束されたことを、また成就することができると確信した」。アブラハムは待てないときがあったのです。それによって大きな失敗をしてしまいました。しかし、もう一度、信仰に立つときに、神さまは、以前の失敗を赦し、「全き者」と見てくださるのです。
3.新しい名前
神さまはここで、彼に新しい名前を与えてくださいました。これまでの名前はアブラム(わが父は尊い)でしたが、アブラハム(多くの国民の父)という名前を与えてくださったのです。そして、「わたしはあなたを多くの国民の父とする」と約束してくださいました。
私たちも、イエスさまを信じるときに、新しい人に造りかえられます(Uコリント5:17)。神さまは、「古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである」と言ってくださいます。こうして私たちも、前に向かって進んでいくことができるのです。

posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月03日

「見ていてくださる神」

創世記16:1〜16 島津吉成師
1.待つことの難しさ
神さまはアブラハムに、「多くの子孫を与えてくださる」と約束してくださいましたが、10年たっても子どもが与えられませんでした。そこで妻のサラは、自分の女奴隷ハガルによって子どもを得ることを提案します。夫婦の間に子どもが与えられなかったときの、これは、当時の習慣だったそうです。アブラハムはその提案を受け入れ、やがてハガルは子を宿します。
ところが、ハガルは自分の主人であるサラを見下げるようになるのです。軽蔑と嫉妬、二人の女性の間に陰湿な戦いが始まってしまいました。サラはアブラハムに訴えます。「これはあなたの責任です」。サラとしては、自分に子どもが与えられないということで、辛い思いでハガルを与えたのに、そのハガルをきちんと治めてくれないアブラハムへの不満が爆発したのだと思います。これに対して、アブラハムは答えます。「ハガルはあなたの奴隷なのだから、あなたの好きなようにしたらよい」。何と、アブラハムはこの問題から逃げてしまったのです。そこで、サラはハガルをいじめるようになるのです。
神さまの約束の実現を待つということには、忍耐が必要です。しかし、待つということは難しいものです。「患難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出す」(ローマ5:3〜4)と言われていますが、アブラハムもサラも、このときが、錬達した人となるために忍耐を学ぶ時であったのだと思います。
2.見ていてくださる神
さて、ハガルはいたたまれなくなり、逃げ出します。すると主の使いが彼女を見つけ、主人のもとに帰るように、そしてへりくだって仕えるようにと諭します。そして、あなたの子孫を増やすこと、産まれてくる子どもの名前をイシマエル(「神は聞く」の意)と名づけること、それは主があなたの苦しみを聞かれたからだ、ということ、その子は成長して強い人となることを告げます。
彼女は自分に語られた主の名を「エル・ロイ」と呼びかました。それは、「私を見てくださる神」という意味でした。こうして、彼女は主人のもとに帰ります。戻っていく環境は、前と同じでしょう。しかし、彼女はそこに帰ることができました。それは、彼女の苦しみを誰も理解してくれなかったとしても、神さまは知っていてくださる、そして見ていてくださるということを知ったからでした。神さまは、私たちのことも顧みていてくださいます。「神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい」(Tペテロ5:7)。
posted by グロリアスチャペル at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月24日

「恵みの約束」

創世記15:7〜21 島津吉成師
1.契約
神さまはアブラハムに、「多くの子孫を与えてくださる」と約束してくださいました。アブラハムは、その神さまの約束を信じました。そのアブラハムが、さらに神さまに、「その神さまの約束が確かなものであることをどのようにして知ることができるでしょうか」と尋ねます。すると神さまは、牛とやぎと羊と鳩を持ってくることをアブラハムに命じます。そして、鳥以外の動物を二つに裂いて、向かい合わせにして置くようにさせました。これは、この当時の、契約をするときのやり方でした。契約を結ぶ両者が、裂かれた動物の間を歩くのです。それは、契約を破ったら、この動物のように裂かれてもかまいません、という意思をこのような形で示すのです。神さまはアブラハムに、そのようにして約束を確かなものにしようと言われたのです。
2.暗やみ
さて、この契約を実行する前に、アブラハムは大きな恐ろしい暗やみに襲われました。彼はその中で、神さまから「彼の子孫が他の国で400年の間、苦しむこと、しかし、その後、彼らは多くの財産を携えて出て来ること」を聞かされました。
信仰生活にも、このような暗やみの時があります。病気になったり、人間関係で辛いことが起きたり等、様々なことが考えられます。この暗やみの時をどう過ごすかということが、信仰生活にとってとても大事なことなのです。このときに、信仰から離れてはなりません。暗やみのときには、宝物が隠されていると思いましょう。そこを通してでなければ得ることのできない財産をいただいて、私たちもそこから出て来るようになるのです。
3.恵みの契約(約束)
さて、夜になって、「煙の立つかまどと、炎の出るたいまつが、裂いたものの間を通り過ぎ」ました。これは、神さまご自身が、裂かれた動物の間を通り過ぎてくださった、ということです。契約は、契約を結ぶ両者が裂かれた動物の間を歩くことによって成立するのですが、ここでは神さまだけが歩かれたのです。これは、何を意味しているのでしょうか。人間は、契約を守り切ることができない存在だということを、神さまはご存じでいてくださるということです。そして、今で言うならば、神さまだけが契約書に印鑑を押してくださった、ということです。人間が約束を守れないようなことがあったとしても、神さまの約束は変わらない、ということです。その行きつくところが、十字架です。この神さまの恵みが、私たちにも注がれているのです。
posted by グロリアスチャペル at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月17日

「恐れてはならない」

創世記15:1〜6 島津吉成師
1.恐れてはならない
神さまはアブラハムに、「恐れてはならない」と語りかけられました。このときアブラハムは、何を恐れていたのでしょうか。彼はこの後、自分に後継ぎがいないということを訴えています。神さまはアブラハムに、「あなたを大いなる国民とする」と約束してくださいました。そして、「わたしが示す地に行け」と言われたので、彼は故郷を後にして神さまに従ってきました。それなのに、神さまは自分に子どもを与えてくださらない。神さまを信じて従ってきたのに、神さまは約束をかなえてくださらない。アブラハムはこのとき、そのような不信仰に陥ってしまっていたのではないかと思われます。そのアブラハムに、神さまは「恐れてはならない」と語りかけてくださったのです。
2.星を数えてみなさい
アブラハムは、その神さまの語りかけに対して不満を訴えます。「あなたがわたしに子どもをくださらないので、わたしの家のしもべが後継ぎとなるでしょう」。彼は、自分の心の中にたまっていた思いを、神さまの前に吐き出したのです。これは大事なことです。たまっているものを吐き出すと、新鮮なものが入ってくるからです。
そのアブラハムを、神さまは外に連れ出します。そして、言われたのです。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみなさい」。「あなたの子孫はあのようになる」。今と違って、夜空には、無数の星が輝いていたことでしょう。アブラハムは、自分の悩みしか見ることができなくなっていました。その目を、神さまは外に向けさせたのです。
3.主を信じた
アブラハムは、星空を見上げて、神さまの創造された世界の大きさに圧倒されたことでしょう。そして、自分の小さな頭で考えられる範囲のことしか信じようとしない自分の不信仰に気がついたのです。アブラハムは主を信じました。神さまにはできないことはないと。
神さまは、これを彼の義と認めてくださいました。義とは、神さまとの「正しい関係」ということです。修行して、立派になったら神さまと正しい関係を持つことができるということではないのです。アブラハムのように、自分の小ささを認めて、神さまを信頼するとき、神さまはその人を喜んでくださいます。ここに、神さまとの正しい関係が結ばれるのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記