2019年05月26日

「主の山に備えあり」

創世記22:1〜19 島津吉成師

1.試練
創世記22章は、アブラハムの生涯のクライマックスだと言われます。神さまはアブラハムを試みられました。神さまは、試練を通してアブラハムの信仰をさらに高嶺へと引き上げられようとされたのです。
アブラハムへの試練、それは愛するひとり子イサクを燔祭としてささげよ、というものでした。燔祭は、動物などを焼き尽くして、神さまへのささげ物とするということです。神さまがこのようなことを命じられるとは、考えられないことです。わが子を殺すということ、しかも祝福を受け継ぐ子として神さまが与えてくださったイサクを殺すなどということは、とても受け入れられないことです。
2.アブラハムの信仰
ところが、アブラハムはこの神さまの命令に淡々と従います。内面では、大きな葛藤があったと思いますが、聖書はそのことに触れていません。聖書はアブラハムの信仰がどのようなものであったかを描き出すのです。自分が理解できないことであっても、神さまを信頼して従う、これがアブラハムに与えられた試練でした。アブラハムはイサクから「燔祭の小羊はどこにありますか」と聞かれたとき、「子よ、神みずから燔祭の小羊を備えてくださるであろう」と答えています。「備える」と訳されている言葉には、「見る」という意味があります。彼は、「神さまが見ていてくださる」と答えたのです。自分には理解できない、自分の描いていた将来の計画も見えなくなってしまったという状況の中で、アブラハムは、神さまは見ていてくださる、そして最善の備えをしてくださっている、と信じたのです。
3.主の山に備えあり
 アブラハムは、神さまが示された山に着くと、イサクを縛り、刃物を振り上げます。そのとき、御使いがアブラハムを呼び、「わらべに手をかけてはならない」と言って止めます。アブラハムが目をあげて見ると、そこに一頭の雄羊がいました。彼はそれをイサクの代わりに燔祭としてささげました。そして、アブラハムはその所をアドナイ・エレ(主の山に備えあり)と呼んだのです。確かに、神さまは、見ていてくださり、備えていてくださるお方でした。アブラハムは、イサクをわが子として握りしめていました。その子を、ここで神さまにささげました。そして、神さまから預かった子としてイサクを受け取り直したのです。こうして、神さまはアブラハムの家庭を、祝福を受け継ぐ家庭としてきよめてくださったのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186061244

この記事へのトラックバック