2019年06月09日

「聖霊によって誕生した教会」使徒2:1〜4、41〜47

1.弟子たちに聖霊が降る
イエスさまは弟子たちに、ご自分が天に帰られた後、別の助け主を送るから、祈って待つようにと言われました(ヨハネ14:16、使徒1:4)。イエスさまの言葉に従って、弟子たちが集まって祈っていたとき、聖霊が弟子たちに降り、弟子たちは聖霊に満たされたのです。これがペンテコステの出来事です。
聖霊は、旧約聖書の時代にも特別な時に特別な人に与えられていました。しかし、このペンテコステ以降、イエスさまを信じるすべての人に聖霊は与えられているのです(Tコリント6:19)。
使徒2章2〜3節には、聖霊がどのようなお方かということが、風と炎と舌に譬えて語られています。
@風 
 聖書の原語では、「風」と訳されている言葉には、「息」という意味もあります。エゼキエル書には、枯れた骨に息が吹き込まれると生き返ったという幻のことが記されています(エゼキエル37章)。聖霊は、疲れ切った人にも新しい生命を与え、立ち上がらせてくださるお方です。
A炎
 炎は、物を焼き尽くします。聖霊は、罪を焼き尽くし、私たちの心をきよめてくださるお方です。
B舌
 聖霊は、私たちの言葉を変えてくださいます。不平と不満しか口から出ないような者を、賛美と感謝の言葉が出て来る者へと変えてくださるのです。特に、ペンテコステのとき、弟子たちは他国の言葉で語り出し、外国から来た人たちにも、彼らの話すことがわかった、ということが起きました。バベルの塔以来、言葉が違ってしまったため、人と人との間に壁ができてしまいました。聖霊は、その壁を除き、人と人との心が通じ合えるようにしてくださるのです。
2.教会の誕生
こうして、教会が誕生しました。その教会の様子が41節以下に書かれています。彼らは、「ひたすら、使徒たちの教えを守り、信徒の交わりをなし、共にパンをさき、祈りをして」いました。そして、互いに愛し合いました。このような教会に、主は仲間に加わる人々を送ってくださったのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186154358

この記事へのトラックバック