2019年06月30日

「祝福された結婚」

創世記24:1〜9 島津吉成師

1.祈り
アブラハムはイサクの嫁を探すために、しもべを故郷に遣わします。そのとき、アブラハムはしもべに言いました。「主は、み使いをあなたの前につかわされるであろう」。主が先に行って、働いていてくださるのです。
しもべは、アブラハムの故郷に着くと、井戸のそばで祈りました。「私が水を飲ませてくださいと頼んだとき、『あなたのらくだにも飲ませましょう』と言う娘がいたら、その者こそ、イサクのために定められた者ということにしてください」。しもべは、このような心優しい人こそ、イサクの嫁にふさわしいと思ったのです。
2.祈りの答え
しもべがまだ祈り終えないうちに、リベカがやってきます。そして、しもべが「水を飲ませてください」と頼むと、彼に水を飲ませただけでなく、らくだにも水を汲んで飲ませてくれたのです。しもべが、彼女に「誰の娘か」と聞くと、何と、アブラハムの親族の娘であることがわかりました。それを知ったしもべは、主に感謝の祈りをささげます。
しもべは、彼女の家に行き、事の顛末を話します。すると、リベカの兄ラバンとリベカの父ベトエルは、「この事は主から出たことですから、わたしどもはあなたによしあしを言うことはできません。リベカがここにおりますから連れて行って、主が言われたように、あなたの主人の子の妻にしてください」と答えます。さらに、翌日、しもべは、リベカを連れてすぐに帰らせてほしいと願い出ます。そのことをリベカに聞くと、リベカは「行きます」と答え、旅立つのです。
ここには、現代の結婚の状況とはかなり違った様子が書かれています。しかし、ここに、結婚の一番大事なことは何か、ということが記されているのです。それは、「神が合わせてくださった」という信仰です。これが、結婚生活を支えるのです。
3.見ていてくださる神
 62節以下には、イサクとリベカが出会い、彼らが互いに愛し合い、幸いな家庭を築いていった様子が美しく描かれています。62節には、「ベエル・ラハイ・ロイからきて」と書かれています。「ベエル・ラハイ・ロイ」とは、「私をご覧になる生きている方の井戸」という意味です。かつて、ハガルが逃げ出した時、神さまが彼女と出会ってくださった場所です。見ていてくださる神が、それぞれの人生を、支え、導いてくださるのです。
posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186238957

この記事へのトラックバック