2019年07月14日

「恵みと平安」

テサロニケ第一1:1 島津吉成師

1.テサロニケ教会
今朝の礼拝から、テサロニケ人への第一の手紙を読んで、そこから神さまの語りかけを聞きつつ礼拝をささげていきたいと思います。
パウロは、トロアスで「マケドニヤに渡ってきて、わたしたちを助けて下さい」(使徒16:9)との幻を見て、マケドニヤに渡ります。そしてまず、ピリピで伝道しました。その次に行ったのがテサロニケでした。ここでの伝道の様子については、使徒行伝17章に書かれています。救われる人も起きたのですが、激しい迫害も起きました。そのためパウロたちはテサロニケにいることができなくなり、次の町に行くことになります。でも、テサロニケ教会のことが心配でしたので、アテネからテモテをテサロニケに遣わします(Tテサロニケ2:2)。パウロは伝道旅行を進めコリントにいたとき(使徒18:5)、テモテが戻ってきて、テサロニケ教会の人たちが迫害に負けず、信仰と愛に励んでいるとの報告を受けます(Tテサロニケ3:6)。パウロはその報告を聞いて喜び、またテサロニケ教会が抱えている課題もあることを聞いたので、それについての回答も書き送るために、この手紙が書かれました。
2.父なる神とキリストの中にある教会
パウロは、「父なる神と主イエス・キリストとにあるテサロニケ人たちの教会へ」と呼び掛けています。「とにある」とは、直訳すると「中にある」という意味です。教会は、同好会ではありません。父なる神が主イエスのもとに私たちを呼び集めてくださり、主イエスの十字架と復活によって私たちの罪を赦し、神の子としてくださり、神さまを「アバ父よ」と呼ぶことができるようにしてくださいました。こうして、父なる神と主イエスが握りしめていてくださる、それが教会です。だから、迫害の中でもテサロニケ教会は負けることがなかったのです。
3.恵みと平安
恵みとは、受けるに値しない者に与えられる神さまからのプレゼントです。この恵みが見えなくなると、不平や不満がわいてきます。受けるに値しない者をあえて選び、握りしめていてくださるという恵みを、はっきりと自覚していくということが大事なことです。
十字架の恵みによって私たちは罪を赦され、平安が与えられます。父なる神さまをまっすぐに見ることができるようにされるのです。赦された者は、赦す者とされていきます。こうして平和がつくられていくのです。

posted by グロリアスチャペル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186287758

この記事へのトラックバック